読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かあさんがどこよりも安い |

保育園児の娘が!移動図書で偶然借りてきたのがこの本でした。上手に感謝の気持ちが伝えられなかったので、母の日、父の日のプレゼントとして、この本を贈りました。母の愛情は一生ものですね。

3月24日 オススメ商品♪

2017年03月24日 ランキング上位商品↑

かあさんぼくとかあさん [ いもとようこ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

内容は私が想像していたものとはちょっと違っていたのですが!こういうお話のが一冊くらいあってもいいかな〜と思います。献身的で見返りを求めず。こどものことを一番に考え!大切に育ててひとりだちさせてくれたお母さんへの感謝の思いに気づかせてくれる一冊です。親というのは!子供がいくつになってもいつも慈しんでくれる存在なのだな・・・というのが!いもとようこさんの絵と文章からひしひしと伝わってきました。どちらかと言えば子供よりも!大人に読んでもらいたい作品です。これも涙なしには読めません。かくいう私も!近所に実家があるにも関わらず!最近はあまり顔を出しておらず!ついつい電話だけで済ませてしまいがちだったので!この絵本を読んで反省させられました。沢山の人に読んてもらいたいと思います。後悔先に立たずとは先人の知恵ですが!人間ってどうしようもない生き物だなあと感じいります。。子供が大きくなったら、また読んでほしいなって思います。親孝行!したい時には親はなしです。それでも母の愛は無償の愛。小2の娘が毎晩1回自分で読んでから寝ています。いもとようこさんの絵はほのぼのとして温もりがあるので、タイトルに魅かれて購入しました。内容的には少し早かったかもしれません。娘に読み聞かせしてたら、まさに、いまの家の状況と同じで、自然とポロポロ涙がこぼれてしまい、それにつられ、5歳の娘もポロポロ泣いてしまいました。子供を持った母は!子供の立場でも感じることもあり!親の立場でも感じることがあります。きっと!両親は絵本が届いてビックリしたことでしょう現在初めての子供を授かり妊娠7ヶ月に入ったので!絵本の読み聞かせを始めようと購入しました。絵本ですが!忙しくて親と最近話してないなぁ…なんていう大人のこころに響くおはなしです。結婚するひとへ!親になったひとへのプレゼントにも素敵かも☆過労・サービス残業・IT現代にフッと問い掛けてくれる大好きな“いもとようこ”さんのイラスト絵本です♪親孝行の在り方書^-^*〜成人式に欲しい一冊〜・他に!↓下記書も購入♪【いつもいっしょに】1,470円(税込)1,400円(税抜) 送料無料 ・著者/編集:こんのひとみ, いもとようこ親子間の愛情があふれ!あったかい気持ちになる絵本です。うちは1人息子なので!何だか自分がくまのお母さんとダブって涙が出ました。私は、二児の母ですが、母になって、自分の両親への感謝の気持ちが増していきました。生まれてからすぐに使用するにはちょっと内容が難しいかもしれませんが、大きくなった時に読み聞かせするのが今から楽しみです。みんな母の愛に気づいた時は手遅れですね。(^-^)かあさん熊、小熊の両方に自分を重ね合わせて読めるお話です。涙が溢れるお話です息子のために購入した本でしたが私の宝物になりました4歳の息子の読み聞かせに購入しました。この絵本は、子どもはもちろん、大人にも読んで欲しい、そんな絵本です。とっても感動する良い話で!大人の心に響く本です。